クローン作成ソフト – EaseUS Todo Backup Free

前回はHDDの中身のクリーン方法を紹介しました。今回はその流れでHDDのクローン作成方法を紹介します。

まずクローン作成ってなんだ?って方が多いと思います。HDDまたはSSDの中身を他のHDD、SSDにそのままコピーすることです。

大抵は元のHDDより容量の大きいHDDにコピーするケースが多いです。

コピーすることによって元のHDDが破損してしまってもコピーしたHDDにデータが残っているのでバックアップ目的としても使えます。

最大のポイントはHDDからSSDにシステムデータのクローンを作成し、処理能力を上げることも可能な点です。

今回はデータの完全バックアップという体でクローンを作りたいと思います。

では、始めていきましょう。

PC環境 : Windows7

使用ソフト : EaseUS Todo Backup Free(以下 : Ease)

ハード : HDD 2GB → SSD 240GB

まずEaseを起動させ、[クローン]を選択。

cl1

”ディスク/パーティションクローン”が表示されるので、クローンさせたいディスク(ソース)を選択し[次へ]。

※画像ではディスク2を選択

cl2

クローン先を選択し[次へ]。この時SSDを選択する場合は[SSDに最適化]にチェックを入れる。

※画像ではディスク6を選択

cl3

特に変更がない場合は[次へ]。

変更したい場合は[戻る]をクリックし、前画面の[編集]で編集可能。

※パーティション編集は次回紹介します。

cl4

[データが消去されます~]と表示されるので[OK]をクリック後、クローンが作成されるので、完了するまで待ちます。

容量が大きいほど時間がかかります。

cl5 cl6

クローンが完成したら[完了]をクリックし終了です。

cl7

以上がクローン作成の手順です。

意外と簡単にクローンが作成出来ます。

クローン作成の際は試してみてください。

 

EaseUS Todo Backup Free – Download (EaseUS)

EaseUS Todo Backup Free – Download (窓の杜)

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)