容量の少ないPC向け – 仮想HDD作成(VHD)

今回はSDカードやUSBメモリを仮想HDDとして使う方法を紹介します。

始めに仮想HDDにするメリットとして、SDカードやUSBメモリは外部メモリの為、ソフトウェア類(OSやProgramFiles内)をインストールすることが出来ないのに対して、仮想HDD化したSDカードやUSBメモリならインストールが可能なのです。

容量の少ないPCやタブレットPCには必須となるSDカードを仮想HDDとして認識させれば一気に容量を増やすことが出来て、システム以外のデータをSDカードに保存しておけば内部HDDの容量がパンパンになりにくくなります!

 

では早速、仮想HDD環境を作成しましょう。

今回試した環境は、Windows10 SDカード4GBを使用しました。

まずは、SDカードのフォーマットをします。

この時、SDカードがどのドライブかを確認しておきます。

v2
※この画像ではDドライブになっています。

フォーマットシステムをFAT32からNTFSに変更して開始をクリック。

v1

 

SDカードのフォーマットが完了したら、[スタートボタン]を右クリック、(タブレットの場合は長押し)で[ディスクの管理]を開きます。

ntyt v19

Dドライブを選択した状態で[操作]メニュー内の[VHDの作成]をクリックします。

v5

次に[参照]をクリックして、SDカードを選択し、適当なファイル名を設定します。

v6 v7

※画像ではvhdにしておきます。

[仮想ハードディスクのサイズ]に作成する仮想HDDの容量を指定します。大体使用するSDカードの-0.5GBを指定した方がいいでしょう。

v8

※画像では4GBのSDカードなので3.6GBにしてます。

[仮想ハードディスクフォーマット]はVHDを選択し、[仮想ハードディスクの種類]は容量固定を設定します。

 

作成した仮想HDDが画像のように[ディスク* 不明]と表示されるので、赤枠内で右クリックをして[ディスクの初期化]を選択します。

v9 v10

[選択したディスクに次のパーティションスタイルを使用する]は[MBR]を選択します。

v11

ディスクが初期化され[ディスク* ベーシック オンライン]と表示されます。

v12

 

次に赤枠内で右クリックし[新しいシンプルボリューム]を選択します。

v13

新しいシンプルボリュームウィザードの開始が表示されるので、[次へ]をクリック。

v14

ボリュームサイズの指定はそのまま[次へ]をクリック。

v15

ドライブ文字またはパスの割り当てでは、好きなドライブ文字を割り当ててもいいでしょう。

v16

※使用しているドライブ文字は割り当て出来ない。例えばCドライブ等
※画像ではAドライブに割り当てました。

パーティションのフォーマットは[このボリュームを次の設定でフォーマットする]のファイルシステムに[NTFS]を選択します。

ボリュームラベルはわかりやすくVHDDとします。

v17

ウィザードの完了画面で[完了]をクリックし、フォーマットを開始します。

v18

フォーマットが完了すると画面のようにVHDDと表示されます。

v19

 

以上で仮想HDDの完成です。

次回は仮想HDDの自動マウントを紹介します。


カテゴリー: Windows
容量の少ないPC向け – 仮想HDD作成(VHD)” への1件のコメント
  1. 匿名 より:

    とても参考になりました。
    ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)