Windows10 – さらっとレビュー

7月29日にリリースされたWindows10を5年前のノートPC に入れて動作確認。

OSはWindows8.1に上げてあるが、そこから更にアップグレードしてみた。

使用PC はHP Pavilion Notebook PC dm3a

スペック

OS Windows8.1 Home 64bit
プロセッサ AMD Athlon Neo X2 DualCore Processor L625
グラフィック ATI Radeon HD 3200
メモリ 4GB
HDD 250GB

起動時間は1分40秒~2分くらい

新しいビットマップ イメージ

Windows8で廃止されたスタート画面が復活し、より使い勝手はよくなっているがモダンUIの名残があり、Windows7から乗り換えた方からしたら”なんぞや”という感じになるだろう。menu

モダンUIの所為もあり、設定やフォトなどデスクトップアプリ用とストアアプリ用の2つが存在することになり使い分が必要な点が面倒。

modanUIset conpane

既定アプリの設定もやや面倒で、以前のOSなら新しく入れたブラウザを起動させた時にポップアップで既定のアプリ設定をすればよかったが、Windows10ではその他に既定アプリの設定を設定画面から変更しないと適用されない。(今後のアップデートで改善されるだろう)

kitei

新ブラウザEdgeは初回起動画面はこんな感じで

eg (1)

タブを開くとChoromeみたいに新しいタブをカスタマイズすることが可能。

eg-start

更に新しくWEBノート機能が追加されてブラウザ上に書き込むことができる。

eg-ske

書き込んだページはonenoteかお気に入りに保存できる。

eg-seve

DVD再生にはフリーソフトが必要でオススメはVLC media playerです。

再生可能なファイルが多くisoファイルも仮想ソフトなしで再生できる。

さらっと簡単にこんな感じのレビューでした。

アップグレードにはここからツールをダウンロードし実行する方法と

タスクバーにあるウィンドウズマークから予約をしアップグレードする方法があります。アップグレード方法に関しては後日記事にします。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)